ジメジメ季節でも、あじさいドライフラワーの簡単な作り方

ドライフラワーは、お部屋に干して乾燥させておけば、簡単に出来るイメージですが、あじさいは初心者の方にとっては意外に難しいものです。
なぜなら、さじさい自体水分が多く含まれていますし、この季節は湿気が多くなる時期なので、お部屋で干してもなかなか上手く乾燥出来なくてきれいなドライフラワーが作れないのです。

 

 

そんなジメジメな梅雨の時期でも、簡単にかつ、早くドライフラワーが作れる作り方を2つご紹介します。
1つめは、晴れている日にあじさいをS字フックなどでぶら下げて車の中に干すだけです。
1日干しておけば、これだけで簡単に完成します。ダッシュボードに置いてしまうと色やけしてしまい、きれいな色が残らないので、日の当たらないハンドルなどに引っ掛けて吊るして置くのが良いです。

 

 

2つ目は、雨の日でも出来る、シリカゲルと電子レンジを使った作り方です。
シリカゲルは手芸屋さんや、ホームセンターなどで1kg1000円程度で売っています。
シリカゲルで花を乾燥させる方法は一般的ですが、この方法はシリカゲルに花を入れるだけではなく、そのまま電子レンジで温めてしまいます。

 

 

温め時間はお花の量とレンジのワット数で異なりますので調節してください。
1分程度できれいなドライフラワーが完成します。