ラベンダー ドライフラワー 作り方

ラベンダーを用いたドライフラワーの作り方

ラベンダーは独特の色と香りを持った花なので、ドライフラワーとしてインテリアやブーケなどに用いられる事が多くあります。
ドライフラワーの作り方としてはいくつかポイントがあり、その一つとして花を刈り取る時期が挙げられます。

 

 

ラベンダーは開花の始まる頃が最も適した刈り取り時期と言われており、その時期を逃さないようにする事が大切です。
花が開花してから作った場合は、色落ちが激しくなる理由から見た目を重視した用途では使用できなくなります。

 

 

よって、作り方の前提条件としてラベンダーを自分で育てている事が必要となります。
刈り取る時期を逃してしまった場合は、花やつぼみが落ちてしまう事もありますが、この場合には他の用途を考えてみるのも良い方法です。
次に刈り取った花を乾燥させるのですが、この段階ではいくつかの方法が用いられます。

 

 

基本的には刈り取ったラベンダーを束ねて、逆さに吊るしておく方法が使われます。
この時に吊るしておく場所は、湿気が少なく風通しの良い場所が適しています。
その他の作り方としては、冷蔵庫や電子レンジを用いたり車内で乾燥させる方法がありますが、日常的にこれらを使う場面でにおいがきつく感じる人には不向きとも言えます。