アナベル ドライフラワー 作り方

アナベルのドライフラワーの作り方のポイント

アナベルとは、アジサイに属している植物で、緑色のつぼみがついてから花の色がだんだんと薄くなっていき、そして白い花を咲かせます。
一般的なアジサイと比較するとドライフラワーを作るのに向いている植物です。

 

 

アナベルのドライフラワーを作る際に、乾燥させるタイミングが早くなってしまうと花が少し色が悪くなってしまったり、くしゃっとなってしまいます。
そのため、乾燥させるタイミングの見極めがドライフラワーの作り方のポイントになります。
作り方として、まずは庭に植えられているアナベルを緑色が薄くなったら枝から切り離します。

 

 

切り離した後は家の中で水を吸わせながら花瓶などに飾って花を楽しむことができます。
時間が経ってからは水を入れずに飾っておくと花が白色から黄緑色になって、だんだんカサカサな状態になっていきます。

 

 

そして、アナベルの水分が十分抜けていくと、花びらが肉厚になっていき手触りなどが変わってきます。
そのため、花びらが厚くなって手触りなどが変わってくると乾燥させるのに適したタイミングです。
その後は、できるだけ湿度が低い日で直射日光が当たらない風通しの良い場所に吊るすなどしておくとドライフラワーが出来上がります。